自分に超超優しくしよう

心の話

りんごだ🍎

ねえねえ、あなたも自分に優しくしようね!

ちゃんと自分のこといたわってるかーい。

自分をいじめてる人の中には、

自分いじめのやめ方がわかんない、どう優しくしていいか分かんない、なんて人も多いんではないかな?

私もまさにそんな感じだったし、今もそんな風に思うことがあるから、「自分に優しくしろってどーゆーことー?意味わからん!!」っつーその感じ、わかるわかるー。

わかるから、私なりに「自分優しくする方法」まとめてみるよ。

スポンサーリンク

怒鳴らないバカにしない

すごい基本的なことだけど、

毎日のふとした瞬間に、自分に酷いこと言ってないかな?

朝ごはんを食べながら

「こんな体に悪いもの食べて。また太る」とか言ってない?

鏡を覗いたり身だしなみ整えながら、

「ブサイク」とか「ダサい」「なにしても無駄」とか言ってない?

ちょっと用事に遅れそうなだけで「どうしようもない」「ひとに迷惑かけて」とか言ってない?

昔失敗したことを何度も思い出して、自分のこと馬鹿とか役立たずとか叱りつけてない?

それさー、他人にやってたらイジメだよね?

怒鳴ったり叱ったりするのやめよう。それだけだよ。

「でもやめられない」んだよね。うん、わかるわかる。

それならせめてこうするの。自分をいじめてるのに気づいたら反論しよう。

「そんなことないよ」「ううん、よくやってるよ」「そんなことない、素敵になったよ」と、しつこく言い返すのだ。しつこく叱られるから、しつこくしつこく返事する。既読スルーされるまで答える。

好き!やりたい!を尊重する

どんなのが好きでもいいじゃん?何がやりたくてもいいじゃん?
好きなもの食べて好きなもの着て、好きなことやって暮らせばいいじゃん?

みんなついつい、こんなこと恥ずかしい!馬鹿みたい!とか自分に言うよね。それ本当に良くないよ。あれが好き!これが好き!っていうのをちゃんと拾っていかないと、どんどん感覚が鈍って、自分がなにを好きで何をやりたいのかもわかんなくなっちゃう(思い当たる節、あったりしない!?)

50代でミニスカ履いてもいいし、おじさんが可愛いもの好きでもいい。背が低くてもモデル目指していい。

誰かに馬鹿にされるのは止められない。でも、それは馬鹿にする奴がおかしいんだから、そんなことのために自分を引っ込めるのはおかしいよ。

しんどい時は超やすむ

しんどい時はちゃんと休もう。周りにはしんどくても頑張ってる人ばっかり。だとしても、あなたは休もう。だってしんどいんだもん。

頑張るは、元気を消費する行動。元気が無くなった状態で頑張っても何も起こりません。
だから回復させよう!

他の人が働けって言ってきたとしても、あなたは自分に休みなよって言おう。休むのが無理な状況だとしても。

「休むなんて甘えるな!」なんて自分に言うのはやめよう。

「休まなきゃいけないほど疲れてるのに、周りのために休んでないなんて、どんだけ健気なのー偉すぎる!!」って言わなきゃいけない。

そう、言わなきゃいけないのだ。言っていい、じゃない。
優しくするってそういうことだ。

自分に優しくすると自分に優しくされる

なんか意味わかんないこと言ってるようにきこえる?

どういうことかというと。

最初は無理やりでも自分に優しくしてるとね、
自分の中にいる「別の自分」がどんどん自分に優しくなってくる。

しつこく反論して自分をかばっていれば、これまでは「お前なんか」って自分を責めていた別の自分の声が、「今日も頑張ってるね」って言ってくれるようになる。

そうすると、もっと自然に自分に優しくできるようになる。

すると自分が大切に思えて、世の中も他人も大切に思えて、優しくできる。そして世界平和へ…。
ってこれマジな話だから。

ね。だから自分に優しくしよう。無理やりでも最初の一歩を踏み出そう。

上手くできなくても、失敗しても、またもう一回踏み出す。また失敗しても、もう一回。
ちょっとずつでも優しくしてね。

コメント