美人に生まれ変わる魔法

心の話

こんにちは。自称美人のりんごです。

自称だよ。うん、自称だけどさ。

私はすごい美人だと言われたこともあるし、

根暗のブスだと言われたこともある。

幼い頃家族にお前はブサイクで女としての魅力が一つもないと言われたから、それを信じて生きていた。

それで幸せだと思ってた。

だって、謙虚にしてたら攻撃されない。卑屈にしてれば面白がってもらえる。

十代の頃、仲の良かった友達が整形した。ぱっちり二重のまぶた。

私は、周りにからかわれるのが嫌でアイプチもしたことがなかった。

部屋の鏡の前で、腫れぼったいまぶたにヘアピンを当てて二重を作ってみて、それでも可愛くならない自分に絶望した。

学校に行くたびに、私のクラスでいちばんブサイクなのは私だ、、なんて思った。

大きくない目、エラのはった顎、高くない鼻。愛嬌のない顔。私は可愛くない女の子。

可愛くない女の子は主人公になれない。物語に現れることもできない…。

それが十代の私だった。

そうやって生きてきたけど、でもずっとずっと、誰かに、綺麗だよって言ってもらいたかった。

美しいって言われることを切望していた。

だからある時、自分でそう思うことにした。

私は可愛い顔じゃないけど、クールな美貌をもっているのだ。

切れ長横に長い目もきっとセクシーなのだ。

胸もお尻もない幼児体型だけど、クール系の顔に幼児体型っていうのもギャップがあっていい。

そう決めておしゃれやお化粧を頑張ったら、ちょっとずつ、綺麗だねって言ってもらえるようになった。

私はそれを積極的に信じた。

それを繰り返して、褒められることが当たり前になっていった。

今でも、私が可愛くないことに気づく人はいる。

人が私に「美人ですね!」と微笑むのを見て、はあ?こいつが?この顔が?という表情を見せる人がいる。

私は彼らの気持ちがわかる。

私はあの頃、、自分の醜さに絶望したころから、何も変わってはいない。

だから別に傷つきもしない。

でも私、自分のことかわいいって信じて良かった。

すごく馬鹿みたいに思えたけど、自分が世界一の勘違い女に見えたけど、それでも。

自分のやぼったい顔を見ながら、「私は美しい」と言って良かった。

どんなに馬鹿げて思えても、恥ずかしくても。

初めて会った人に、「美しいですね」と言われると、わたしは誇らしい気持ちになる。

だって私の「美しい」は、勇気だった。決意だった。今が美しくなくとも、ぜったいに自分は美しくなって見せるんだという、ギリギリの意地だった。

私は、私の醜さをよく分かってる。

でも私は、誰に対しても、「私なんてブスだから」なんて絶対に言うまいと思う。

自分が可愛いなんて言ったら反感を買うのはわかってる。

でも、それでもいいんだ。

わたしは可愛い。美しい。

そう言いつづけようと思う。だってこれは、おまじないだから。

いやおまじないより強いんだ。誰よりも綺麗になれる魔法なんだから。

綺麗になりたいと、もしあなたが本気でそう思うのなら。

一度やってみてしてほしい。

これから一生、いや、試しに1年でもいい。絶対に自分をブスなんて言わないと。

誰にコケにされようと、絶対に自分だけは自分の美しさを信じると。

その力強い誓いさえあれば、あなたは変わるよ。わたしが約束する。

コメント