神様は基本的に超不公平(だがそれがいい)

ザ自己啓発

林檎です🍎

世の中ホントーにいろんな人がいるし、みんなそれぞれいろんな事情を抱えてる。

「人は皆平等」だと思いたいのは山々だけど、

小さい頃から大人になるまで、私たちは「人が全然平等じゃない」証拠をたくさん見せつけられている。

◯◯くんのおうちはお金持ち。◯◯ちゃんはスタイル抜群。◯◯くんはスポーツ万能。

どんなに努力したって変えられない差に、私たちは「才能」とか「遺伝」「運」とかのラベルを貼って、考えないようにする。

あー、神様は不公平だ。

と思うと同時に。

「でも、あの子はいま良い思いをしてるけど、きっと嫌な目に合うに違いない」とか思ったりする。てかそうじゃないといや、そうじゃないと許せない。

だって、「人生山あり谷あり」でしょ。山だらけのあの子にはそろそろ谷が来るはず。

谷だらけの自分には、そのうち山がやって来るはず。ねえそうでしょそうだと言って!!

そんなの子供っぽい考え方だと思う?

でも、人間って大人になってからも案外そんなもん。こんな単純な考え方じゃなくても、良い思いをしてる人を見ると、

「きっと今に痛い目にあうよ」とか思っちゃったりして。私はそーいうこと結構あったりする。

スポンサーリンク

神様はバランスなんか気にしてない

けどさ、みんな薄々気づいてることだけど。

山だらけの人生もあれば、谷だらけの人生もあるんだよね。

「天は二物を与えず」どころか、五物くらい与えられてる人もいる。ゼロの人もいる。マイナスの人もいる。

大金持ちの家に生まれてそのままハッピーに暮らす人もいれば、貧しい家に生まれて、病気になって若くして死んでしまう人もいる。

良いことをすれば報われる、悪いことをするとしっぺ返しに合うっていうのも嘘。認めたくないことだけど、良いことをしたのに誤解されて殺される人もいるし、悪いことをしたお金で幸せに暮らす人もいる。極端な話だけど。いるんだなこれが。

これはもうどうしようもなく、そういうもんなんだよね。神様って結構適当。あんま細かいバランスとか気にしてない。いちいち一人一人のこと気にかけてらんないみたい。

だからあなたがいま谷にいるからって、山が来るとは限らない!なんて残酷な人生。

アーアー最悪かも。かな?

あなたの人生も山だらけでOK

でもある意味、その神様の適当さってハッピーだなーって最近思うのよね。

っていうのもさ。

「良いことと悪いことはバランスよく起こるはず」

「悪いことをすればしっぺ返しがある」っていうの、自分に嫌なことが起こってる時には確かに救いになる。

けど、逆に自分にいいことが起こってる時には、この言葉が足を引っ張ってくるんだよね。

経験ない?なんか突然ラッキーなことが起こると、

「こんなにいいことが続くなんて…そろそろ悪いことが起きるに違いない」

とか考えたりすんの。悪いことっていうのが駐禁切られるとか財布なくすとかで済めばいいけど、ラッキーが大きければ大きいほど、ものすごく悪いことが起きるに違いないとか身構えちゃうもんなんだよね。

ひどい人になると、良いことが起こったあと、悪いことが起こるまで落ち着かなくてしょうがなくなる。そういう人は知らず知らずのうちに、悪いことが起こるのを待ち望んでることになる。

人間ってややこしーもんだね。

だから、「神様はテキトーで不平等だ」っていうことを、

みんなもっとむしろ極的にみんなに伝えたい。

あなたはこれから、幸せばっかりでも大丈夫。山ばっかりでも大丈夫。うまくいったらうまくいきっぱなし。ね、そういうことにしてみない?それなら成功するの、怖くないと思わない?

 

コメント