現実主義者のための超手抜き美容

見た目の話

乾酪林檎です🧀🍎

アラウンドサーティーです。

わたくし基本的に凝り性というか、オタク気質なので、何かにはまり込む時期があるんですが、

これまで幾度となく美容にハマってきました。美容家の本を読み漁り、コスメカウンターに通ってスキンケアアイテムを集めまくったり、サプリを買い込んだり、顔のマッサージ、超不味い美容ジュースを手づくり、骨格矯正、エステ、…思い出したくもないほど色んなことをやった(遠い目をしながら)

で、最近はというとね、いかに手を抜くかということを考えてます。笑

ていうのはまあ半分冗談というか、

「色々やればいいってもんじゃないな」ということを痛感してて。

世の中に溢れる美容本やら雑誌には、嘘がいっぱいあります。

悪い嘘とは言いません。嘘って表現が悪いかな。おまじない、みたいなことです。

キレイになると思って使えばキレイになるよ、みたいな話。私はそういうのを信じて色々やってきたけども、なんか、これってただのおまじないだな、みたいなことに気がつくことが増えてきて。要するに、

私は結果が欲しいんや!!!キレイになりたいんや!おまじないはもう無視や!

ってなった。

だから私は色んなこと、やらないことにした。世の中では非常識と思われることも沢山あると思うけど、私は結果さえあれば何でもいいのだ。だからこうしている。

というわけで、私の実践するスーパー手抜きぶりを発表してみます。引かないでね❤️

スポンサーリンク

スキンケアはオイルorワセリンだけ

私は化粧水を持ってません。もちろん美容液とかも塗らない。

お風呂上がりは、顔がパリパリになる前にオイルかワセリンを手に広げてパパッと塗って終了。

朝、顔を洗った後も同様に、オイルかワセリンを薄めに塗って終了。笑

メイク前だけは、メイクのノリをよくするために表面をプルプルにさせたいので、水でさっと洗った後、濡れた顔にオイルかワセリンを薄めに塗り、お肌が水分を吸うよう、上からピタピタ押さえます。おしまい。

信じられない!という人もいるでしょうが、色々研究した結果、(私的にはだけど)化粧水と乳液はほとんど意味がないという結論になりまして、このようなスキンケアに落ち着いてます。

旅先でも荷物減るし楽ですよ。

肌トラブルは皮膚科で解決

シミとかソバカスとかは皮膚科で薬をもらって消します。美白美容液をリピートしまくるより効果があって安く短く済むので、、、あーあ、言っちゃった。。

髪は3、4日に1回しか洗わない

あ、ドン引きしましたか?まあ引かれてもしょうがないし、私もあんまり他言しないようにしてますが笑

運動後に汗がベタついて気持ち悪い時だけはお湯ですすぐようにしてますけど、シャンプー・コンディショナーは最低でも2日空けて使ってます。

実はこれ私がズボラゆえに始めたわけではなく、特に海外の美容師さんとかは口を酸っぱくして言ってるんですよね。

髪は必要以上に洗わないこと。

私は猫っ毛で毛量が多いので、髪がパサつくとものすごくからまりやすいんですが、毎日の洗髪をやめたら、格段に髪のコンディションが良くなりました。

ベタつくんじゃないの?って聞かれることが多いけど、ベタつくのは最初の1週間だけです。頭皮の脂を必要以上に落とすのをやめると、徐々に脂の分泌自体がおさまってくるみたい。匂いもしないしフツーにサラサラです。

パーマやカラーも落ちにくくなるから施術の頻度も減らせるし(よってさらに傷みにくくなる)、

シャンプーの香りがしないから、好きな香りをつけることもできる。

色々細かい注意点とかはあるけど、まあ今度別記事で描こうかな。

顔も体も基本は水洗いだけ

これもまあ髪の件と同じなんだけど。

石鹸、そんな使う必要ない。何かですごく汚れた時とかは使った方がいいけど、お湯を浴びて体をささっと撫でれば、大概の汚れは落ちます。

以前はもちろん毎日体を洗って、お風呂上がりにクリームを塗って保湿してました。

が、今考えると、体表面の油脂をバサバサ落として、あとでクリームで保湿するって一体なんなんだ?と思う。保湿は大事なので乾燥しやすい冬時期とかは水洗いのあとに塗ってますけど、とにかく無駄に体の油落とすのはよくない!石鹸使うのやめてから、極端な手荒れも冬場のガサガサもなくなりました。

要するに「落とす」のを最小限にする

っていうだけなんだけど、かなり手抜きができる。

「落とす」「洗う」って、世の中の常識になってる部分も多いけど、それを時には疑ってみるのも大事なんじゃないかなと思います。

サンプルは私だけ、っていうなんの証明にもならない話だけど、何かの参考になれば嬉しいです。

これを読んでくださった方で「自分、こんな手抜き美容やってるよ!」みたいなのがあったらぜひ教えてくださいね❤️

コメント