楽に腹筋を鍛えるなら腹筋ローラーがいちばん

ダイエットの話

腹筋をバキバキにしたいみなさ〜ん。
バキバキはともかく腹を引き締めたいみなさ〜ん。
バキバキまで行かないけど腹筋の筋は見えてる🍎です。

脂肪がつきやすく落ちにくい腹回りは、引き締めたいパーツナンバーワンじゃないでしょうか。

腹筋といえば上体起こしだけど、
上体起こしは腹筋以外のところに負荷が分散するし、
そもそもある程度の腹筋がないとできないし、
体が硬くてできない人もいるので(私も腹筋あるけど体が硬すぎて未だに上体起こしできない)あんまりやりやすいトレーニングじゃないよね。

上体起こし意外にも色んなトレーニング法がある。レッグレイズとかv字腹筋とか、あと、なんか通販で売ってるやつとか。

ジムのアブベンチなら文句なし。好みで選べばいいんだけど、

私は断然「腹筋ローラー」おススメします。

スポンサーリンク

引き締めたい人からバキバキにしたい人まで

腹筋ローラーは床につけてコロコロするだけの簡単エクササイズ。誰でもすぐやり方がわかるのに、効き目はテキメン。

簡単なのに、初めての人はびっくりするくらいできません。

でも大丈夫。

腹筋ローラーのいいところは、レベルに応じて難易度調整が出来ること。

30回連続で出来るようになったら負荷アップ、という感じで進めるとよいとおもいます。

ひざコロ+壁

膝をついて、壁に向かってコロコロする方法。壁がストッパーになってくれるので、ズルッと前に崩れ落ちる心配がありません。最初は壁の近くから初めて、慣れてきたら徐々に遠くにしていきます。

壁なしひざコロ

壁座りコロが余裕になってきたら、壁なしへ移行。ストッパーがなくなった分、自分の腹筋の力で止めなければいけません。
ここまでいければ、かなりお腹が引き締まっているはず。
これも、コロコロする距離を短め→徐々に長くすることで負荷をアップできます。

立ちコロ+壁

壁座りコロの、膝つけないバージョン。膝をつけないと、脚の動きも腹筋で調整しないといけないので辛さアップ。

壁なし立ちコロ

ここまでくると最上級者。かなりの辛さです。
最初は距離を短めに、決して無理しないようにしましょう。腰壊すよ。

とにかく腹筋にしっかり効く

なんせしっかり腹筋に聞くのが腹筋ローラーのいいところ。他の筋肉に頼ってコロコロするのが難しいからサボれないのよね。

慣れないうちは腹筋の上の方ばっかり使っちゃうけど、慣れてきたら下腹に意識を集中させてコロコロするコツが分かってくるので、腹筋全体にガツンと効かせられます。

しかも余計なところを使わないので、腹筋を追い込む前に疲れてやめちゃう、みたいなこともない。

体の負担なく楽に出来て、しっかり鍛えられる。

ほんと腹筋ローラーはスグレモノだよ。

コストがかからない

さらに腹筋ローラーは高いものでも5000円くらい。
安いのなら1000円くらいである。

ローラー部分に滑り止めがついたもので、径が小さめのものがオススメ。

径が小さい方が負荷が大きくできるし、負荷を弱めるのは上に書いた通り自分で出来るからね。

とはいえ、まあでも正直何でもいいよ。なんでもちゃんと効きます。私は2000円くらいのを使ってます。

デメリット

腹筋ローラーにはちょっとだけデメリットもある。

腰を痛めやすい

まずはこれ。腹筋をうまく使えないと、腰にごっつい負荷がかかっちゃうことがある。

でも、

「無理して負荷を上げない」

「おへそを見ながらコロコロする」

ってことさえ守れば、それも安心だよ。

無理していきなり強い負荷に挑戦すると、腹筋が足りてない分を腰が補おうとして、腰を痛めちゃうわけだから。
負荷はじわじわ着実に上げていくことが、腹筋のためにも良いのです。無理は禁物だよ!

腹斜筋にはきかない

腹筋ローラーで、イラスト部分にきかせるのは難しいです。
でもこの部分ってくびれを作るにはむしろあまり鍛えない方がいい部分だし(多分)、メリハリのある身体を目指す場合はあんまり気にしなくていいんじゃないかなと思う。

厚みのある迫力ボディを作りたい人にはもちろん腹斜筋必須だと思うんで、そういう人はやっぱり腹筋ローラーじゃ物足りないかもね。

とはいえ腹斜筋つけるにしても、腹筋ローラーで鍛えれるところまで鍛えてからジムに入会するなり新しいマシンを買った方が効率いいと思う。

腹筋ローラー大好き❤️ぜひみなさんも使ってみてね。

コメント