モテの3要素:甘え上手になる方法

ザ自己啓発

リンゴです。🍎

モテの3要素の話題の続き。モテる上で非常に重要な要素である「甘え上手」になるには?とゆー話です。

甘えるのが下手な人って、基本的に苦労性でストレス溜めがちですよね。1人で頑張っちゃって苦しくなったりして、「そんなシンドイなら言ってくれればいいのに」とか怒られたりしてさ。

うるせーチクショー!自分でやった方が早いんだよ!!!みたいな、、

ま、こんな細かく語ってるのは私自身が甘えられないタイプだからなんですけど。

人に甘える技術って、モテる上でもめっちゃ大事なんですけど、人生をうまく行かせるコツでもあると思う。

だって人類が生き残ってきたのって、脳みそを使って人間同士協力しあうことが出来たから、というのが大きいわけですよ。もともと人間って、一人で何かをこなすようには作られてないんです。

甘える技術って、人と協力する技術です。

甘え下手な人は「人と協力する技術=人の甘えを許す技術」だと思ってるきらいがありますが、これでは片手落ちです。

人に甘え、人の甘えを許す。

この両方を実践して初めて、継続可能な協力関係が生まれるのです。

はっ!メチャクチャ脱線してしまった。モテの話に戻します。

スポンサーリンク

甘えない人はギリギリまで自分でがんばる

甘えられない人って結構真面目で、とにかく頑張れる範囲まで自分でがんばらなきゃダメだ!って思ってるよね。

そんなの当然・最低限のことで、人に頼るなんて恥ずべきこと。迷惑なこと。

だから最後まで、ギリギリまで、体調崩すまで、どうしても無理ってなるまで、超頑張る!頑張って頑張って、どうしてもできない!

こうなったら誰かに甘えたい。自分だってほんとは甘えたいの。ねえこんなに頑張ったんだもん、私甘えてもいいよね?あまえさせてお願い!とっても疲れてるの。

…ってな感じで、甘えない人はとにかくギリギリにならないと甘えない。

甘えないと無理な状況にならないと人に甘えちゃいけないと思ってる。

で、ヘトヘトになって誰かに甘えるわけだけど、そういう甘え、「ギリギリの人の、極限の甘え」ってさ。

表現悪いけどもさ、超〜〜重くなっちゃうんだよね。

ギリギリまで甘えないから、甘えても聞いてもらえない

だってそんなのさ。

断ったら超悪人じゃん。

超超頑張ってる人が甘えてきたら、もうどうしたって甘えさせてあげるしかないじゃん。

どんなに嫌でもまわりが我慢するしかない。

それって周りの人からするとさ。脅迫されてるみたいな気分になるじゃん。

断れないから仕方なく甘やかすけど、「無理やり手伝わされた」みたいな感じっていうか。ね。

最悪の場合、そーゆー重い「甘え」って断られるからね。

「はあ?甘えるな!」とか言われるからね。普段ちょー頑張ってんのにさ。ひどい話だよね。

だからさー、もうほんと、甘え下手さんって誰も幸せにならないのよ。

本人も超頑張らなきゃいけないし、せっかく誰かに甘えてもみんな快く受け入れてくれないし。

周りは周りで、せっかく甘やかしてあげても嬉しい気分になれないわけ。

で、こういう経験(ギリギリになって甘えたら、周りに拒絶される、嫌な空気になる)を繰り返して、甘え下手な人はますます甘え下手になって抱え込んで行くわけですたい。

んー、こりゃいかんね。

断られてもいいことから甘えて、徹底的にハードルを下げる

ごめん、前置き長かったけど、この前置きを確認してもらってから本題に入りたかったの。
つまりさ。

甘え下手な人って、「ギリギリにならなきゃ甘えられない」「いざ甘える時は、断られたら折れちゃいそうなほどボロボロなとき」。なのね。

そういう人がどうやって甘え上手になっていけばいいかというと。

一番は、「断られることに慣れること」。

コレです。断られても平気になれば、人に頼ったり甘えるのも平気になります。

誰かに甘えて断られても、それはただその相手がその時ちょうどその気になれなかっただけで、あなたがきらいとかあなたが悪いとかそういうことじゃないんです。それを身をもって体感すれば、断られるのは平気になります。

具体的に何やるかっていうと、「ぜんぜん自分でもやれるし、断られてもダメージゼロ。正直べつに人に頼むほどのことじゃないな」っていう、超超小さいことを人に頼む訓練を積むことだね。

「もしよかったらついでに私のお菓子も買ってきてくんない?」

「私いちごのドーナツが好きだから、いちごの方食べてもいい?」

「2階にいくならついでに私のカバンとってきてもらえない?」とかさ。

もーほんと、どっちでもいーやつ。

それでもしんどいなら、

「窓開けてもらってもいい?」

「私の背中にゴミか何かついてない?」とかでもいいの。

相手がすぐに動いてくれなかったら、「あ、いいや自分でやるねー」って言えばいい。

こういう小さい甘えをちょこちょこ積み重ねていって、人に頼むことに慣れるんです。

甘えってただの習慣です。

習慣づけのコツは、とにかく継続すること。継続して人に甘えましょう。

甘え上手は男性にも女性にもモテる

みんな甘え上手とか甘えん坊とかの言葉を、「人によく甘えて、断られると憤慨する人」だと思っている節がありますが、それは誤解です。

甘え上手というのは、「人によく甘えて、もし断られても気にしない人」のことを言います。

こういう人は、誰から見ても超かわいい。

甘え上手になりましょう。

初めて出会った人にも、普段から会ってる人にも、てきめんに効きますよ。

異性相手に使うと、これまで甘え下手だった人ほどめちゃくちゃモテるようになるよ!困るくらいかも。

コメント