今日、いきなり美人になる9つの方法(お金をかけずに)

モテるモテないの話

うーん、身もふたもないタイトルだー。

このページを開いているあなたは、今どんな立場にいるんでしょう。

今日いきなりデートの予定が入ったとか。

合コンとか?パーティとか?

ただ単に、簡単にキレイになる方法を知りたい!ってだけなのかも。

残り時間はわずか。今からジムに通ってお腹を引っ込めることもできないし、

1ヶ月のスキンケアでお肌を生まれ変わらせるなんてこともできない。

それでも、誰もが振り返るようなキレイな女性になりたい!

いや無茶言うなや

って話だけど、無理でもなんでもなんとかしたい!

そんなあなたのために、私が本を読んだり綺麗な人を観察して見つけた、「すぐに美人に見える方法」をありったけ並べるよ!

一応言っとくけど、メイクするとか毛を剃るとか、そんなレベルの話は各自でやってくれ!ここに並べるのは、もっとプラスアルファっていうか、あまり知られてないけど役に立つよ!って話ね。

スポンサーリンク

1.姿勢をよくする

とにかくこれだ!姿勢がいいと、それだけで2割は印象アップするよ。

キレイな姿勢というのは、堂々とした姿勢。

堂々としていると、自信がありそうに見える。

自信がある人はキレイに見えるのだ。そんな簡単な話か?と思うかもだけど、簡単な話なんです。

で、キレイな姿勢ってどう作るの?という具体的な方法はもう凄くいっぱいあって、本気で取り組もうとしたら時間がかかる。姿勢ってのは習慣だから、そう簡単に変わらないの。

でもでも、明日キレイにならねば!というあなたにオススメしたいのは、

私が「重心法」と呼んでるやり方。

「立ってる時はかかとに重心を乗せるよう意識する」

「座ってる時はお尻に重心を乗せるよう意識する」これだけ。

簡単でしょ(実際やってみると意外にムズイけどね!)。

とにかくたった今から練習して、明日まではどうにかやり切ろう。

常に意識しなくてもいい。思いだした時だけでもいいんです。

人は、ずーっと会ってる相手を監視してるわけじゃありません。

最悪「会った瞬間」と「別れる瞬間」だけキレイな姿勢をキープすれば、それだけでも結構違うよ!

2.胸か脚、どっちかで勝負する

胸か脚、「どっちかを」強調する服装にしよう。

まず胸だけど、胸を強調っていうのは、谷間を見せるとかそういうことじゃないよ。

胸の大きさは美人かどうかに影響しないのでブラで盛ったりする必要は全然ない。そこはあなたの好きなスタイルに合わせてお好みで。男性受けっていう意味では、そんなに盛らなくていいと思うな。ナチュラルな方が好きって人多いしさ。

胸が小さい人は、胸元が広くあいた服を着ること。VネックUネック、オフショルでもなんでもいいです。スッキリ見えて小顔効果あり、美肌に見えます。

胸が大きい人は、ピッタリしたトップスを着ること。大きい胸で胸元があいた服を着ると、本人も周りの人も落ち着かない、みたいなことが起こるから。そういうドキドキ感もそれはそれで素敵だけど、「美人に見える」のを目指すなら、ピッタリしたトップスの方がいい。ピッタリしたトップスで強調された胸の方が、奥ゆかしそうに見える上にエロい。清純かつエロい。なんか私気持ち悪いね?とにかく巨乳は隠して強調するべし。

次に脚だけど、TPOに合わせて、問題なければショートパンツやミニスカート、全然アリですね。ただし、ミニスカートは当日のシチュエーションをよく考えてね。下着が見えそうでモジモジしてる様子はあんまり美人ぽく見えないから。むしろ堂々下着見せた方が美人ぽいかも(って今想像して思ったんだけど、どうかな?)見せる度胸がないなら、パンツを選んだ方が無難。

脚を強調するもっと簡単な方法は、スキニーパンツ。ピッタリサイズのものを選ぶこと。あと、ピタッとしたデザインのならペンシルスカートもOK。

はい、そんで大事なことなのでもう一度言うね。

胸か脚、「どっちかを」強調する服装にしよう。

両方はだめ。いやダメじゃないけど、難しいよね。どっちかを選べば失敗しない。気合が入ってる時、人は失敗しやすい。どっちかにしよう。

3.もしくは、ワンピースを1枚で着る

これ、このページにも書いたんだけど。

ワンピースを1枚でさらっと着こなしてると、目立つし超美人っぽい。

だから、あなたが今の季節に1枚で着れるワンピースを持ってるなら、それを着ればOK。

冬は、黒の薄めのタイツと1枚上着を羽織るくらいなら許容範囲かな。暖かい室内なら上着も脱ぐだろうし。

これまでの流れをまとめると、

「最強に美人に見える服」って、「脚か胸を強調できる形のワンピース」ってことになる。

もし、今から急いで買い物に走るならそういう服にしよう。

ただし、お花見とかバーベキューとか、アクティブに動き回るイベントの時にワンピースはやめとこう。動きにくいし、どんな素敵な服もシチュエーションを間違うと一気にダサくなる。

4.できれば、顔まわりに白を置く

単純に白いトップスを着るでもいいし、白いアクセサリー(パールとか)、白いストールやマフラーを巻くんでもOK。ただしストールやマフラーを巻くと胸元が隠れちゃうから、それらを付けっぱなしにする場合は脚を強調するスタイルを選ぶ方が良いです。

白は似合わないんだよねーって人は、とにかく顔が明るく見える色ならなんでもOKだよ。でもまあ、大概の人は白でいいと思う。白って言っても、ベージュっぽい白とか青みがかった白とか色々あるしね。

5.ビビッドな色を使うなら、小物だけにする

ビビッドな色の服って超可愛いけど、他人ウケを考えると、無難な選択ではないね!すごくアクの強い人に見えちゃうからね。

ビビッドカラーの服は、「他人にどう思われても構わないぞ!」っていう時に着るようにしよう。

一応言っとくけど、アクが強いのはすごく魅力的です。が、初対面でそのアクを前面に出すと、美人に見せる、という目的は達成できなくなっちゃうので。

もしビビッドな色を使うなら、アクセサリーや小物にしよう。うまくハマると本当オシャレ。

まあなんにせよビビッドカラーは取り扱いが難しいので、自信がない人は避けるのが無難(私も自信ないからあまりやったことない)

6.アクセサリーは2箇所まで

ピアス、ネックレス、ブレスレット、リング…可愛いのをいっぱい持ってると、ここぞと言う時に使いたくなるけど、2箇所までにして。とにかくゴチャゴチャさせないことが大事。ゴチャゴチャした格好は自信なさげに見えるのだ。

7.メイク、ヘアは控えめに

顔まわりの装飾は控えめが一番。ここ一番のイベントだと気合が入って色々やってしまいがちだけど(だよね?)、アッサリ仕上げる勇気を持とう。

あなたが「ものすごく薄化粧に見えるけど、完璧に作り込んだメイク」などができる場合はこの限りじゃないけどね。

手間のかかるヘアアレンジもやらなくていい。ヘアアクセもなるべくナシで。

8.金属の色は統一する

古臭い考え方なのかもしれないけど、例えばベルトのバックルがゴールドなのに、手につけたリングの金具はシルバーだったりとか。そんでネックレスはピンクゴールドとか。どうしたってゴチャついて見える。

完璧に合わせることはできなくても、なるべくゴールド系でまとめるとか、そもそも金属の種類を減らすなどして、ゴチャつきを減らそう。なんども言うけど、ゴチャゴチャすると自信なさげに見える。自信なさげな人は美人に見えない。

靴のバックルとか忘れがちだから、全身コーディネート考える前にチェックしとこう。

9.荷物は小さくまとめる

「美人は荷物が小さい」っていう神話があるよね。でも私もこれは本当だと思う。

なんていうか、大きいバッグってシルエット全体がでっかくなるから、それだけでモッサリ重たい印象になることがあるんだよね。背が低い人ならなおさら。

美人はシルエット勝負なのだ。

なるべく荷物は削ろう。携帯と財布、口紅くらいでも十分。メイクをアッサリ仕上げて入れば、メイク直しの道具も少なくて済むはず。

とりあえずはこんな感じかな〜

うーん、思いつくのをザーッとあげてみたけど、どうだろう!

林檎も、綺麗にみられたい時は上記のことを全部守るようにしてるんだけど、周囲からの扱いがかなり変わるよ!(マジでね、人って顔なんか誰も見てないね)

逆に、綺麗にみられないほうがいい場面っていうのが世の中には結構あって、そういう場面でこういう格好をしちゃうとすごく冷たくされたり、嫌な思いをすることも。

本当に効果があるので、取り扱い注意かもしれない。

今日、美人になりたい!という気持ちは、誰かに綺麗って思われたい!ってこと。それは特定の誰かかもしれないし、周りのみんななのかも。

今日、自分のこと綺麗だって思ってほしい人がいるって、素敵なことですね。ワクワクですね。

応援してます。適度に力抜いて、行ってらっしゃーい。

コメント